レーシック失敗と副作用~視力回復方法~

後遺症リスクのないレーシック以上の視力回復方法をお伝えしております。

手術後リスク、白内障

白内障とは眼の水晶体が濁って視力が低下する眼病です。通常であれば水晶のかわりに眼内レンズを入れることによって屈折矯正して視力を回復することが可能ですが、レーシック手術後の場合は眼内レンズの度数調整が困難になるため手術の難易度がかなり高くなります。それでも腕の良いドクターであれば、レーシック手術前の視力、手術時期、手術内容が記されたカルテをもとに治療できないことはありませんが、完治する確立はやはり低くなってしまいます。
スポンサーサイト

| 白内障手術リスク | TOP↑